【PR】

【SESの辞め方】自社開発で年収1.5倍にぶち上げた話【良かったこと】

「SESはやめておけ」

様々な人がそれぞれのポジションから語られる話題ですね。

この手の話は前提条件によって正解が違ってくので、一般化できるものでもないと思っていますが、今回は私のケースの話を一つさせていただきます。

私と同じ状況ならSES脱出をおすすめします。

本記事では

などを解説していきます。

SESを辞めて良かったこと「年収1.5倍」と「フルリモート」

「年収1.5倍」とか書くと、大げさではありますが、

実際のところは、30後半のエンジニアとして「年収を言っても恥ずかしくない(多分)」くらいの、平均的なラインだと思います。

経歴・転職前

  • 地方の国立大学(情報系)を卒業
  • 家に近いという理由で地元のSESに転職
  • 大手メーカー系の2次受け、3次受け以上の案件を転々と15年ほど
  • 開発はウォータフォールのオールドスタイル
  • Javaで作られた古いシステムのお守りが多め
  • Exel仕様書と戯れる日々
  • 客先常駐は日常
  • 残業100時間超え経験済み
  • 年収350〜400万円 ※残業で稼ぐスタイル
  • 業務端末:WindowsPC(メモリ4GB)

地方の情報系の大学を卒業し、100人〜200人規模の地元の独立系Sireに就職。

毎年5000円しかアップしない月収を15年間積み上げた結果は年収は良くて400万円弱 (残業ボーナス込み)。

ボーナスの比重が高く、月給は20万そこらでした。

転職前の月給(20万円)

苦しみ思い出ももそこにはありました(笑

 

SES脱出で得たもの

  • モダンな開発環境
  • 自社開発
  • 年収600万円
  • フルリモート
  • フレックス
  • 業務端末:M3 MacbookPro

転職後の月給(月給だと2倍超)

 

SESを辞めた理由

SESは案件によってあたりハズレが大きく、正直何度もやめようと言うタイミングはありました。

しかし、ズボラな性格もあり転職活動への面倒くささや不安が常に勝っていたのです。

SESを脱出したのは、結婚子供ができ、SESの働き方に適用できなくなったからです。

  • 客先への毎日の出社
  • ノンフレックス
  • 案件ごとに変化する労働環境
  • 年収

案件によって変動する働き方では、育児・家事のタスクに対応できず、健全に家庭を維持していくのが難しくなりました。

なので「SESを辞めないのを辞めた」

という表現が正確かもしれません。

 

SESのデメリット(地方の場合)

私の場合、SESに明確なデメリットを感じていました。

  • 給料が安く、上がらない ※地方SESは特に
  • 案件による当たり外れ(=キャリア形成において運要素が強すぎる)
  • 古い既存システム、開発スタイルが多く、業務で技術力が伸びにくい
  • 膨大なドキュメンテーションのメンテナンス(Excel設計書)
  • 炎上案件だと残業のコントロールが難しい
    そして一昔前は炎上案件がやたら多かった
  • モチベーションの低下
  • 学習意欲の減退
  • 転職意欲の低下

もちろん、地方特有の事情がありますので、地方IT企業エンジニアのデメリットを含んでいます。

ゆえに「こういったデメリットが全く無い」「自社開発でも同じでは?」といった反論もあるかと思いますが、ここで言いたいのは

「私と同じ状況の人は」注意してね。という話。

デメリットは色々ありますが、不遇を受け続けた結果、人によっては向上心が削がてしまうこと(腐る)」ことがエンジニアとしては最も致命的かもしれません。

 

SESの辞め方・転職活動のコツ

15年の眠りから覚めた私は、本気で3ヶ月転職に取り組みました。
  • カジュアル面談12回
  • 面接6社
  • 内定3社(提示年俸600万円以上2社)

働きながらの就職活動は時間が限られますし、家庭持ちであればなおさら大変です。

目的を絞って企業の情報を収集していくことが重要です。

転職の目標を決める

はじめに転職の目標を明確にしておくことが重要です。

  • 年収〇〇万円以上
  • ポジション(フロント、バックエンド、フルスタックなど)
  • 働き方(フルリモート、フレックス)
  • 業界 など

実際のところ全ての条件がかなう転職というのは、なかなか難しいところでもありますので、目標の中でも優先度をつけておきましょう。

軸が決まってないと、調べている内に迷いが生じて企業探しにムダに時間を使ってしまったり、行動がぶれてきます。

まだ、うまく言語化できていない場合は、職務経歴書を書いて過去を振り返ってみたり、転職エージェントの方との面談を通してブレイクダウンしていくことをおすすめします。

 

転職サイトは手当たり次第登録してOK

Greenなどの転職情報サイトは有名どころを一通り登録しておくとよいでしょう。

条件で企業を検索できたり、自分に興味があるからスカウトを受け取ることができるので、情報収集に便利です。

ただし、スカウトに関しては結構ボットで定型文が飛んでくることが多いので当てにしないほうが良いです。全部みていると結構時間が溶けます。

転職サイト、転職マッチング系のサイトは

能動的に条件検索して興味がある企業にだけアプローチしていく。

といった使い方が効率的だと感じました。

実際に利用したサイト

  • Green
  • Forkwell
  • paiza
  • ビズリーチ

いろいろ登録しましたが、結局Greenが一番使いやすかった印象..

転職エージェントは必須ではないが、1つは登録すると便利

転職エージェントは効率的な情報収集やレジュメ・面接対策のブラッシュアップにかなり重要。

しかし、登録しすぎると面倒なので、利用するにしても1社でがおすすめ。

とくに、転職活動の経験が少ない人は、転職エージェントの活用をおすすめします。

ポイント

  • 職務経歴書の作成
  • 自分の市場価値や年収レンジを知る
  • 転職目的の整理・言語化
  • 面接対策

担当により当たり外れはあると思いますが、自分の場合は元エンジニアの業界に精通した方がついてくれて、とても助かりました。

職務経歴書、転職目的の整理・言語化など、相当ブラッシュアップいただきました。

また、エンジニア界隈の面接(技術面接)は企業によって傾向があるので、

そのあたりの事前準備を手伝っていただけた事も勝率アップにつながりました。

あとは、SOLID原則とかクリーンアーキテクチャ知らない人は面接で聞かれがちなのでググっておくこと

 

転職エージェントのデメリットとしては「連絡のやり取りが手間」というのもあるので、多くても2社で十分です。

1つに絞るなら、私が利用したIT転職ド定番の「レバテック」を推します。

年収を重視の人「転職ドラフト」はやっておけ

ドラフトに参加することで、自分のリアルな市場価値が分かるので、年収上げたい人はやっておくべき

転職ドラフトは企業側から求職者に対して、年俸提示つきの指名がもらえるサービスです。

採用に前のめりな企業が集まっている印象で、肌感としても提示年俸は高いです。

地方の弱小エンジニアでも700万円前後の指名が多数ありました。

自分の年俸のレンジを把握して転職活動の基準にするもよし、そのまま面接に進んで採用を目指すもよし。

次の条件にあう人は、とりあえず一度は参加した方がよいと思います。

ポイント

  • 開発経験が2〜3年以上ある人
  • レジュメを書ける人

ドラフトに参加する際は、面倒ではありますが、レジュメを作成する必要があります。

レジュメが年俸を提示する材料となりますので、当然といえば当然ですね。

+100万〜200万イッキに年収アップを狙いたい人に転職ドラフトは強力なツール

転職ドラフトをみる

 

転職活動は最初の勢いが9割。あとは少しの継続力

転職がめんどうだから、現状を維持している人は多いと思います。

私は今回の転職については成功してとても満足していますが、

「転職でここまで待遇や環境が変わるなら、5年、10年早く動いておけば..

という思いもあります。

経験則として転職には勢いが必要です。「転職したい、会社辞めたい」の感情は時間経過で冷めてしまうのです。

転職活動ははじめの一歩が一番重い。一度行動したあとは案外うまく転がりだします。

一番最初にして最も難しく最も重要なポイントは「思い立ったときにすぐに行動する」ことだと思います。

  • 転職サイト、転職エージェントに登録する
  • 職務経歴書を1行でも書き出してみる
  • 転職の目的を整理する

まずは、気負わずにすぐできることから行動にコミットしていくこと。転職活動はこれに尽きる気がします。

\思い立った今日から積み上げ/

レバテックで転職の準備を始める

Copyright© インフラエンジニアになろう。 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.