資格・学習

AWS資格はインフラエンジニアとして生き抜くための武器

ここ数年で急激にIT業界の様相を変化させているのがサービスのクラウド化。実に多くのサービスが面倒なインストール作業なしにウェブブラウザを介して利用できる様になりました。

実はインフラエンジニア業界にもクラウド化の波は押し寄せています。将来に渡って活躍できるインフラエンジニアのキーワードとなるのがAWSなどの「クラウドサービス」です。

本記事ではインフラエンジニアにとっての「AWSスキルの必要性」「取得すべきAWS資格」について紹介します。

 

オンプレミスからクラウド環境への時代の流れ

これまでのインフラエンジニア(サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア)はデータセンターやサーバールームなどの物理端末に対してサーバー/ネットワーク機器の設計・構築・運用を行うのが主な仕事でした。

オンプレミス環境をクラウドインフラのサービスに置き換えると、オンライン上に仮想化されたサーバー・ネットワークが利用できるため物理端末を所有することなく、システムやアプリが構築可能となります。

高額なサーバー機器の導入・維持費を削減できるのは圧倒的メリット!

 

運用コストの削減につながる

新たなサービスを立ち上げるたびに機材の購入が必要であるオンプレミスのサービスと異なり、AWSなどのクラウドインフラを使用する場合は実機を準備することなく「必要な時に」「必要なだけ」のプラットフォーム基盤をオンライン上で利用する事ができます。

例えば、新たなサービスを開始する際、初めは安価なクラウド基盤の構成でスタートし、グロースにあわせて増強していく事も容易です。初期投資の大きなリスクを負うことなく、必要にあわせた運用が簡単に行えるためサービス運用コストの削減も可能となります。

 

冗長性が高まる

サービスが成長し当初の想定よりも多数のユーザーが集まってくると、そのアクセスをさばくためにサーバーの増強が必要となる事があります。こういった場合にもクラウドは画面上の操作だけでサーバーの台数を増やしたり、高スペックな仮想マシンに乗せ換えたりすることが可能です。逆にアクセス現象に応じてサーバー台数を減らす事もできるのです。

柔軟でアジリティが高いのがクラウドインフラの特徴

 

サービスの本質によりコミットできるようになる

このようにインフラをクラウド化することで、インフラの導入や管理にかかる手間が大きく削減されるため、企業はサービスの本質的な部分の開発/改善により注力することができるようになります。

サービスを利用するエンドユーザーにとっても、開発企業にとってもメリットが大きいのがクラウドインフラといえるでしょう。

より多くのコスト・リソースをサービスの質向上に投入できるようなるのです。

 

クラウド化は拡大し続ける

以上のようなメリットから大きなトレンドであるクラウドインフラは今後も継続し、大小様々なサービスがクラウド化してくことでしょう。インフラエンジニアも旧来型のオンプレミスの基礎技術に加え、AWSなどのクラウドインフラスキルを高めていくことがエンジニアとしての価値を高める事につながります。

クラウドインフラはインフラを仮想化したサービスであるため、プラットフォームを扱うための基礎知識はオンプレミスの知見はそのまま生かせます。プラスアルファでAWSなどのパブリッククラウドを介してプラットフォームを扱うための知識を体系的に学ぶことでAWSエンジニアの域に達することができるでしょう。

 

クラウドエンジニアがおさえておきたいAWSの資格

AWSのサービスって実はかなり複雑。普段使っている人でも把握しきれないれない程の多くのサービスに細分化されています。

サービスを一覧にすると次の通りです。

AWSのサービス一覧

出典: AWS

驚くほどの数ですよね。でも実際のサービス運用でも利用するのはごく一部ですので、必要に応じて学んでいけば問題ありません。

 

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト(SAA)がおすすめ

AWS認定資格という切り口においても、その種類やレベルは様々。

各種のAWS認定資格を図でまとめたものが以下です。

 

この中でもAWSエンジニアへのエントリーにおすすめなのが、AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験(SAA)です。

アソシエイト試験(SAA)を取得することで、AWSを扱う技術者として必要な実践的な基礎知識と経験を有する事が証明できます。

 

アソシエイト試験で検証される能力

  • AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明すること
  • 顧客の要件に基づき、アーキテクチャ設計原則に沿ってソリューションを定義できること
  • プロジェクトのライフサイクルを通して、ベストプラクティスに基づく実装ガイダンスを組織に提供できること

出典: AWS

なるほど。分からん。。となりますが丸くいうと

AWSの作法にのっとって、お客様の要望を満たしたアプリの基盤が構築できること

くらいの解釈で良いかと思います。

 

試験時間や受験料

出題形式複数の選択肢と複数の答えがある問題
試験場所テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間130 分間
受験料金15,000 円(税別)

試験時間は130分と長丁場で受験料はやや高め。(CCNAと比べると安く見える不思議。。)

試験会場はかなり多く全国各地で受験することができます。

 

OnVUE試験で自宅で受験も可能

コロナの影響もあり出控えている人も多いと思います。AWS認定試験は自宅からオンラインで受験することも可能なんです。

ただし、自宅にネット接続可能なPCがある事以外に以下の受験環境の準備が必要です。

  1. 1人になれる静かな部屋
  2. Webカメラを備えた信頼できる機器
  3. 安定したインターネット接続

 

SAAの合格率と勉強時間

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイトは入門~基本レベルなので高難度の試験という事はありません。しっかりと対策を行えば1か月(50時間程度)の勉強で合格可能です。

※IT初心者の場合は100時間程度

合格率非公開(一部ネットの情報によると推定50%前後)
難易度LPICLevel1、ITパスポートより難しい、基本情報、CCNAと同程度
勉強時間50時間~100時間

難易度的には基本情報技術者試験やCCNAと大体同程度で人によって上下するというレベル感です。IT経験者であれば1か月(50時間)、初心者・IT未経験者でも2か月(100時間程)を目安に合格を狙うことができます。

 

他の資格との受験の順番について

AWSというサービスはオンプレミスをクラウド化したサービスであるので、可能であれば基礎技術となる基本情報技術者試験やCCNA、LPICといった資格を勉強した後に受験するのが順番的には効率が良いでしょう。

 

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトの勉強方法

AWSは新しい技術分野であり試験としても比較的新しいですが、認定試験としての認知度や需要が高まっており学習教材も急速に充実してきています。

以下の理由から書籍のみでの独学が難しいため、合格者の多くは「書籍」「オンライン動画学習」「WEBサイト」といった複数の教材を組み合わせて勉強しています。

  • AWSの各種サービスのイメージを掴むのには、オンライン動画学習が最も効果的
  • 新試験版(SAA-C02)に対応した日本語の参考書がほぼ無い
  • 高難度の模擬試験のやりこみが必要

 

未経験から最短での合格を目指す場合のゴールデンパターンは下記の様なイメージ。

  • オンライン動画学習で各種サービスを使いながら概要を把握する
  • 動画概要でハンズオンした内容を参考書とWEBサイトで深堀り
  • 動画学習の模擬試験とWEBサイトの問題集を反復する

各勉強方法について詳しく説明していきます。

 

1.オンライン動画学習サービスで勉強する

オンライン動画学習サービスとして有名なUdemyではAWSの学習コースも充実しています。

SAA受験時に利用すべきコースはこちら↓ ※新試験版(SAA-C02)に対応済み

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座

【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

動画学習のメリットは実際にAWSのサービスを操作してみるハンズオンが行えること。触って実際に動かす事で紙面や画像よりもAWSサービスへの理解が格段に早まります。

模擬試験問題集の方は書籍やWEBでも代替可能ですが、高難度の問題がまとまっているため動画学習の利用価値は高いです。

 

2.参考書とWEBサイトで勉強する

オンライン動画学習で概要を学んだサービスについて、参考書やWEBサイトで理解を深めます。動画学習と並行して実践して問題ありません。

 

WEBサイト

WEBサイトは「AWS サービス別資料(通称ブラックベルト)」と呼ばれる資料が無料公開されています。強化したいサービスを検索して知識を補強しましょう。

 

参考書/関連書籍

書籍は選択肢がいくつかありますが、Qiitaの合格体験記で定番としてあげられているものを紹介します。2020年7月現在、新試験に対応した日本語の書籍が無いため一部記述が古いケースがありますので留意ください。

■AWS認定資格試験テキスト AWS認定 ソリューションアーキテクト-アソシエイト

 

■一夜漬け AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト 直前対策テキスト

 

■徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト ※通称「黒本」

 

3.模擬試験と問題集を反復する

オンライン動画学習であれば、前述の「【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)」がおすすめ。

無料で探す場合は以下のWEBサイトの問題集が充実しています。

目安としては模擬試験で9割近くをコンスタントにとれるようになれば安心して試験にチャレンジできるでしょう。


まとめ

2020/10/31

直近のインフラエンジニア求人関連まとめ【2020/10/21~2020/10/31あたり】

久々の求人インフラ求人関連まとめ。 転職サイトからの宣伝ツイートは少な目にして生の求人ツイートを優先的に拾うようにしました。手動でヾ(•ω•`)o エンジニア求人とりわけインフラ案件は大分増えてた様に感じます。 今後もネットインフラの需要拡大によるインフラエンジニアの積極採用が継続しそうですねー。   @wakanamaruya: 丸谷若夏@ポテンシャライトで採用アシスタント 2020-10-30 18:33 アクセス集中でも問題ない3Dプラットフォームに!インフラエンジニア募集 wantedl ...

ReadMore

まとめ

2020/10/13

直近のインフラエンジニア求人関連まとめ【2020/9/24~2020/10/01投稿時点まで】

だいぶ涼しくなってきた昨今。コロナのある世界に社会も慣れてきた感じもあり、新しい生活様式のもと経済活動が徐々に活発になっているようにも思います。 それでは今週も直近のインフラエンジニア求人を掲載します。   @it_navi: IT転職ナビ 2020-09-30 22:00 株式会社ウイサーブ<インフラエンジニア【人物・意欲重視採用】> 正社員(中途) 東京都 310万円~ itnavi.jp/details/550000… @it_navi 返信 リツイ お気に @AjBsevme ...

ReadMore

まとめ

2020/10/13

直近のインフラエンジニア求人関連まとめ【2020/9/14~2020/9/23投稿時点まで】

夜は少し肌寒くなってきました。インフラエンジニア関連の求人数は前回に引き続き上向き傾向にあるように感じます。 世間もコロナ慣れしてきたのか、徐々に活発な経済を活発になってきている事も影響しているのかもしれません。 それでは直近のインフラエンジニア関連の求人をまとめましたので、就活・転職にぜひご活用ください。   @NctSaiyou: NCT(Tokyo)リクルート担当 中の人のささやき 2020-09-14 09:52 【転職フェアに出展します】募集職種:開発エンジニア/インフラエンジニア/シ ...

ReadMore

まとめ

2020/10/13

直近のインフラエンジニア求人関連まとめ【2020/9/6~2020/9/11投稿時点まで】

さてさて、残暑も少し和らぎ涼しくなってきたような気もするこの頃。 インフラエンジニア界隈は中々需要が高まっている気配!?経験少な目でもチャンスあり。って感じですね。 直近の求人情報をまとめました。   @it_tenchalle: IT転職チャレンジャー 2020-09-12 04:27 ソフトウェア開発エンジニア 国籍不問 「#株式会社グローバルリーフ」がSE、PG、通信・インフラ系エンジニア の募集を公開しました。 it.tenchalle.com/job_detail.htm… #求人 # ...

ReadMore

まとめ

2020/10/13

直近のインフラエンジニア求人関連まとめ【2020/9/1~2020/9/6投稿時点まで】

毎年5千万人くらいが言ってると思いますが、今年は暑いですねー。 残暑乗り切ってきましょう。 さて、ここ最近のインフラ界隈の求人を紹介します。やはりエンジニアの求人は先月から回復傾向にあるようで、インフラエンジニアの求人もツイッターで見る限りは良好にみえます。 気になる案件があればアプローチしてみてくださいね♪     @ModisJapan: Modis Japan 2020-09-06 20:00 #エンジニア正社員 (無期雇用派遣)積極採用中 インフラエンジニアとして、ネットワーク ...

ReadMore


100,000のオンラインコース。受講生数4,000万人。
CCNA・クラウドインフラをゼロから学ぶならUdemy

-資格・学習

Copyright© インフラエンジニアになろう。 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.